アウトドア イベント

タモリカップでヨットを楽しもうin 富山2018

投稿日:2018年4月5日 更新日:

スポンサードリンク

海とヨットを愛するタモリさんが、今年も富山でヨットレースのタモリカップを開催予定です。

タモリカップは、富山と横浜で開催されています。


こどもが参加したヨット教室でヨットっていいなーと実感


ヨットに乗ってみたい!お金持ちのイメージがあるヨットに格安で乗る方法とは?


こんな感じのレースなら参加できるのになーとちょっと期待しました。




去年は、タモリカップとちょうど同じ頃にヨット教室が開催されていたので見逃したのでした。

今年こそ現地でタモリカップを見てみたいと思います!


ヨットには乗れなくても、バーベキュー大会や海上パレードやライブなどあるので気軽にのぞいてみたいですよね。


タモリカップ


開催日時:2018年7月14日(土)、15日(日)

場所 新湊マリーナ


アクセス







詳細は公式サイトへ→こちら



タモリカップの参加資格は?



2018年度の実施要綱→こちら



クルーザーが対象

実行委員会で認められた艇

7つのクラス分けがある






映像で見ると、本格的なセーリングクルーザーです。
去年石川県で参加したセーリングヨット教室のヨットは無理っぽいけど、自信のある方は、ぜひトライしてみてください!

(ぶつかったらひとたまりもないような、、、、)


あとはタモリさんらしく

クレームを言わない
愉快な人
セーリングを楽しむ人


タモリカップの会費は¥8000(2017年度の場合)とパーティ参加費が必要です。




レース参加は無理でも大バーベキュー大会や表彰式に参加するには?



参加費は、大人6500円、子ども2000円です。

大バーベキュー大会は、去年は、2200人も参加しています。

バーベキュー大会のタレはタモさんが作っているらしいです。

海軍カレーも美味しいらしい。

ドレスコードはサングラス。


参加するには、以下の会員に登録する必要があります。


富山県セーリング連盟会員


日本セーリング連盟(JSAF)会費が含まれています。


一般会員;9,500円
大 学 生;7,500円
高 校 生;3,500円
ジュニア;2,500円

会員登録サイトこちら



富山県新湊マリーナ オーナー



オーナーになるということは、ヨットを所有して係留する場合だと思うので下記に諸費用を載せておきます。

マリーナオーナー


富山湾クラブに入会


こちらは個人会員として¥1000必要です。

活動としては、富山湾で遠泳をしていますね。

(私は犬かきか浮いて漂っていることが精いっぱいです。)

入会サイト→こちら


富山湾クラブが1番費用がかかりませんね。


さいごに




ヨットを楽しむには、安全第一なのでレース参加の手続きはちょっと大変です。

はじめは、ルールやマナーを覚えることも必要です。


気を取り直して、レースに参加できなくても、バーベキュー大会などには参加してみたいですよね。






1分20秒〜タモリさん登場。

船に乗って救命胴衣を装着していますね。

私もタモリさんを一目見てみたいと思います!

スポンサードリンク

-アウトドア, イベント

執筆者:

関連記事

レース用ドローンを初心者が操縦してみました

スポンサードリンク 2018年4月30日、金沢大学のキャンパスでドローン操縦会が行われました。 今まで、ハウステンボスのインテルショーや慶応大学のドバイのレースをYouTube で見ていた私。 自分も …

青柏祭2018の日程やアクセス・駐車場、見どころは?

スポンサードリンク 今年の5月のゴールデンウィークは、うまくいけば9連休。 5月1、2日を働いても、4月の3連休と5月の4連休がありますね。 我が家は、お兄ちゃんの部活があるし、下の子は小学生なので遠 …

夏フェスなら日本で1番のスキヤキミーツザワールド2017へ行ってみよう

スポンサードリンク スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドという夏フェスがあります。 音楽フェスに“スキヤキ”なんて、なんだか変わった名前ですね。 第3世界音楽フェスティバルとしては、日本で一番大きな規模のフ …

こどもと楽しむアウトドアのすすめ

スポンサードリンク 場所にもよりますが北陸地方のアウトドアの場合は、 キャンプ場は、5月~11月 登山なら、3000m級  7月後半~9月後半 と利用できる時期が限られています。 また、人気のキャンプ …

アウトドアでやることリスト13選

スポンサードリンク こんにちは、めるぐるです! 7〜10月は、キャンプや登山に最適の季節ですね。 私は、この季節が近づくと毎年ウズウズし、冬が近づくとア〜ア、また来年か!と思ってしまいます。 せっかく …

select language