アート

映画『幸せの絵の具』の画家モード・ルイスとは?画風は?家は4×3.8m四方のスモールハウス

投稿日:2018年3月3日 更新日:

スポンサードリンク

こんにちは、めるぐるです。



今年度のアメリカのアカデミー賞に、「幸せの絵の具」がエントリーされています。

映画は、3月3日から全国で公開されます。

素敵な映画の予感がしたので調べてみました。


主人公の モード・ ルイス(1903 – 1970) は、カナダの画家

ノバスコシア州出身。



モード・ルイスの絵











絵は、25×20cm四方の小さいサイズで、画風はフランスのアンリ・ルソー (1844- 1910)のような素朴なものです。

直接チューブからキャンバスに描くと表現している記事がありますが、実際絵を描く人はわかると思うけれど、原色の赤は、建物の屋根、黒の車、雪の白などに見られるだけで多くは使われていません。


モード・ルイスの生い立ちからすると、決して明るい人生には思えないけれど、絵は健康的で明るくかわいい印象ですよね。

描かれているモチーフは、日常生活の中の風景です。




モード・ルイスについて


モード・ ルイス(1903 – 1970)。

カナダのノバスコシア州ヤーマス郡(Yarmouth County)南オハイオ生まれ。


彼女は、子供の頃から関節リュウマチを患い、手足が不自由で体も小さかったようですね。

母親とクリスマスカードを売っていました。

30歳過ぎまで両親と暮らし、絵を描いたり、ピアノを弾いたり、人生の楽しみ方は知っていたのでしょう。

映画の中では、主演のサリー・ホーキンスが演じています。

サリー・ホーキンス自身もかつてイラストレーター志望で、映画に出演するにあたり学校に通ったそうです。


夫は、魚の行商をしていたエヴェレット・ルイス。

両親が亡くなった後、エベレットと結婚しています。

エベレットが魚を売る際に絵も売ってくれて、絵を描くモードの良き理解者。

イーサン・ホークが演じています。


映画を見た後に、ほっこりとしあわせな気分になりそうです。






モード・ルイスが住んでいた家の現在は?




ノバスコシア美術館に展示されています。


所在地





モード・ルイスの家の外観・内部は?








スポンサードリンク

-アート

執筆者:

関連記事

富山環水公園 のクリスマスファンタジア花火2017は、いつ? 開催日、アクセス、見どころは?

スポンサードリンク 年間140万人が訪れる、映画『ナラタージュ』のロケ地になった環水公園です。 富山では、クリスマスの合言葉は、環水公園って言うくらいなんだって。  メインとなる「クリスマスファンタジ …

金沢21世紀美術館 『ヨーガンレール 文明の終わり』展を見て泣いた

スポンサードリンク 2014年に亡くなったヨーガンレールさんの回顧展ともいうべき展覧会が開催されています。 ヨーガンレールさんのこと 会期は、11月5日(日)まで (実は、10月14日(土)金沢市民の …

no image

太陽の塔の公開記念ライブにDREAMS COME TRUEがやってくる!

スポンサードリンク 48年ぶりに一般公開を迎える「太陽の塔」、 その公開を記念してDREAMS COME TRUEによる公開記念ライヴが開催されます。 なんとこのイベント、抽選で5000人を無料招待な …

映画 「太陽の塔」が2018年9月29日から公開されるよ

スポンサードリンク 大阪万博(日本万国博覧会)のテーマは、「人類の進歩と調和」 当時、岡本太郎の周辺で太陽の塔の事業に関わっていた人々の貴重な証言が聞けるのを期待したいです。 2018年9月29日より …

no image

カメラと私

スポンサードリンク 今は看護師をしている私ですが、実は、大学を出た後は、映像関係の仕事をしていました。 カメラマンの仕事もしていました。 目次1 いきなりですが、カメラに興味がなくなった訳2 使ってい …

select language