雑記

へそのごまとは何?へその掃除で腹痛に!へその奥はどうなってるの?

投稿日:2017年10月7日 更新日:

スポンサードリンク

ネットサーフィンしながら、お腹を触っていたら、つい、こんなものが出てきました。

※閲覧注意!





へそのゴマです。

おっきいなぁ!と感心していたら、ふと、へその奥はどうなってるのか疑問に思ったので調べてみました。


へそのゴマとは?


ゴミや垢なので悪臭があります。


へその奥はどうなってるの?



子供の頃、おへそを触っていると、おなかが痛くなるよーって大人から注意されたことありませんか?

それは、へその奥が、内臓とはつながっていませんが、脂肪や筋肉がなく、内臓にものすごく近い膜だからです。

ヘソのゴマを無理矢理とったり、指を突っ込んだり、掃除は気をつけた方がよいでしょう。


へそのゴマの取り方


オリーブオイルをおへその中に垂らしてしばらくすると、綿棒やピンセットですぽっととれますよ。
(溜まった耳あか取りと同じ要領です。)



へそのなりたち



妊娠直後から胎盤と臍帯は作られ始めます。

妊娠4ヶ月=12週になると胎盤が完成する時期です。

(妊娠時のエコー検査では、ドクンドクンは心臓、シュンシュンはへその緒の音です。)

お母さんのつわりがおさまってくる頃です。

そして、この胎盤から、赤ちゃんへ栄養を送るのが、臍帯(さいたい)です。

いわゆる、へその緒ですね。

臍帯は、だいたい太さが2cm、長さは50〜60cmです。

臍帯の管には、2本の臍帯動脈と、1本の臍帯静脈が通っています。

その働きは、

1.赤ちゃんに母体の血液や栄養分を供給する臍静脈
2.使用済み血液を戻す臍動脈

※注意 大人の動脈、静脈とは、反対の働きをしています。



ー出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)についてー


痕跡は、肝円策という器官として残っています。

赤ちゃんが生まれると、胎盤と臍帯を切り離します。

胎盤は、後産といって、出産後しばらくすると剥離して出てきます。

赤ちゃんの側の臍帯の切れ端は、1週間もすると乾燥して取れてしまい、その跡が、おへそになります。


あぁぁ、調べてるうちに、なんだかお腹が痛くなってきたな、、、。


それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

みんなが知ってる動物の意外な鳴き声と絶滅危惧種の動物の鳴き声を集めてみました

スポンサードリンク 仕事や家事に追われ、忙しく、疲れている毎日の癒しは、動物のかわいい動画を見ることです。 ほんと、疲れが吹っ飛びます。 最近では、あまりに見すぎて、もう見る動画がなくなってきて、マニ …

no image

今年の抱負

no image

羽子板の羽根の先にある黒い玉、無患子とは?読み方は?石鹸とどんな関係が⁉︎

スポンサードリンク お正月のことを調べていたら縁起のよい、おもしろいことがわかったのでご紹介します。 お正月に遊ぶものに、すごろくや羽子板がありますが、最近は、あまりというかほとんど羽子板で遊んでる子 …

no image

ダニに噛まれたら!皮膚から簡単にとる方法

スポンサードリンク もしも、犬や猫が(人間も)ダニに噛まれたら参考にしてほしい動画をご紹介します。 皮膚に噛み付いている根元を糸で縛り、引っ張ると抜けます。 もしくは、ピンセットやダニの体を挟むような …

no image

1940年代の上海はどんなだっただろう?

スポンサードリンク わたしは、小説を書くわけではないけれど人の話を聞くのが好きで、聞いた話がたまたまおもしろいと文章にします。 人の話って、自分の住む世界と違えば違うほど、面白いです。 3度の食事より …

select language