雑記

へそのごまとは何?へその掃除で腹痛に!へその奥はどうなってるの?

投稿日:2017年10月7日 更新日:

スポンサードリンク

ネットサーフィンしながら、お腹を触っていたら、つい、こんなものが出てきました。

※閲覧注意!





へそのゴマです。

おっきいなぁ!と感心していたら、ふと、へその奥はどうなってるのか疑問に思ったので調べてみました。


へそのゴマとは?


ゴミや垢なので悪臭があります。


へその奥はどうなってるの?



子供の頃、おへそを触っていると、おなかが痛くなるよーって大人から注意されたことありませんか?

それは、へその奥が、内臓とはつながっていませんが、脂肪や筋肉がなく、内臓にものすごく近い膜だからです。

ヘソのゴマを無理矢理とったり、指を突っ込んだり、掃除は気をつけた方がよいでしょう。


へそのゴマの取り方


オリーブオイルをおへその中に垂らしてしばらくすると、綿棒やピンセットですぽっととれますよ。
(溜まった耳あか取りと同じ要領です。)



へそのなりたち



妊娠直後から胎盤と臍帯は作られ始めます。

妊娠4ヶ月=12週になると胎盤が完成する時期です。

(妊娠時のエコー検査では、ドクンドクンは心臓、シュンシュンはへその緒の音です。)

お母さんのつわりがおさまってくる頃です。

そして、この胎盤から、赤ちゃんへ栄養を送るのが、臍帯(さいたい)です。

いわゆる、へその緒ですね。

臍帯は、だいたい太さが2cm、長さは50〜60cmです。

臍帯の管には、2本の臍帯動脈と、1本の臍帯静脈が通っています。

その働きは、

1.赤ちゃんに母体の血液や栄養分を供給する臍静脈
2.使用済み血液を戻す臍動脈

※注意 大人の動脈、静脈とは、反対の働きをしています。



ー出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)についてー


痕跡は、肝円策という器官として残っています。

赤ちゃんが生まれると、胎盤と臍帯を切り離します。

胎盤は、後産といって、出産後しばらくすると剥離して出てきます。

赤ちゃんの側の臍帯の切れ端は、1週間もすると乾燥して取れてしまい、その跡が、おへそになります。


あぁぁ、調べてるうちに、なんだかお腹が痛くなってきたな、、、。


それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

密かな人気⁉︎ ダムカードとは?

スポンサードリンク 最近、秘境と言われる温泉をめぐっていました。 歩いて50分、車で50分、なんてザラでした。 白川郷の旅 黒部峡谷の旅 遠出が続いたので、金沢近郊で楽しめる秘境の温泉や紅葉スポットは …

no image

注目の天皇即位!皇位継承のしるしの三種の神器の謎とは?

スポンサードリンク 2019年4月、天皇陛下が戦後初めて、生前退位されます。 そして、5月1日に、皇太子様が新天皇として即位される予定です。 新天皇が即位する時には、色々な行事が行われますが、なかでも …

no image

3000年に一度咲く話題の植物は?

スポンサードリンク これは、優曇華の花(うどんげのはな)と言います。 実は、くさかげろうの卵だそうです。 目次1 花?卵?どちらが本当でしょうか?2 法華経ではどのように表現されているのでしょう?3 …

no image

セキュリティーってあるようでないような怖い話

スポンサードリンク 先日、政府がサイバーセキュリティーセンターの職員を公募して、採用枠に多数の募集があったと報道されました。 よく調べると任期付きの非常勤職員の募集のようです。 こんな重要な職が非常勤 …

no image

造幣局の見学2018、アクセスや見どころは?トリビアいっぱい!

スポンサードリンク 最近、子どもたちの休日の過ごし方を考えていて、工場見学などを調べているめるぐるです。 今回は、造幣局です! お金以外にも、ニュースでよく耳にするオリンピックのメダルや、勲章をはじめ …