アート

トーマス・ルフ展 in 金沢21世紀美術館

投稿日:2017年1月3日 更新日:

スポンサードリンク





トーマス・ルフとは?



トーマス・ルフは、1958年、ドイツ生まれの世界が注目する写真家です。
初期から初公開の最新作まで観られる展示で、世界的にも貴重な展覧会となっています。
(会期は、2016.12.10〜2017.3.12)



昨年12/10に行なわれたアーティストトークが即満席になったことからも、その関心の高い事が伺えます。

写真好きにはたまらないし、作品の裏側にある写真や建築、絵画の歴史観に思いを巡らすのも楽しかったです。

写真は、初期の4×5サイズからはじまり、210cm×165cmの『Portrat(ポートレート)シリーズ、正方形サイズの暗視カメラシリーズや天体シリーズcassiniなど、そのサイズと作品の内容との関連性もあるんだろうな。

Jpegシリーズやネガティヴシリーズは写真と絵画の境界を現代風に見せてくれるし、マン・レイなどのダダイストに通じる作品もある。


天体写真の大変さ



私が特に興味があったのは、物理や数学理論を絵画的に処理したシリーズと天体写真を画像処理した『cassini』『ma.r.s』で、

去年の夏子供たちと天体観測に通っていて、地元の星の会の方から木星の写真をいただいたことから、天体写真の大変さを知ったからです。


NASAをはじめ、アーカイブがあることも自分で写真が撮れない(道具が高額な為)身にはとても嬉しかったことを覚えています。

そんな体験があったので、アーティストはどんな風に作品にするのかなぁ〜と思って観に行きました。


撮影OKの展覧会



そして、家に帰ってから気がついたことですが、展覧会では作品の写真撮影がOKなのです。




こんなところにも、トーマス・ルフの理念が垣間見れますね。

スポンサードリンク

-アート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

富山環水公園 のクリスマスファンタジア花火2017は、いつ? 開催日、アクセス、見どころは?

スポンサードリンク 年間140万人が訪れる、映画『ナラタージュ』のロケ地になった環水公園です。 富山では、クリスマスの合言葉は、環水公園って言うくらいなんだって。  メインとなる「クリスマスファンタジ …

no image

映画『幸せの絵の具』の画家モード・ルイスとは?画風は?家は4×3.8m四方のスモールハウス

スポンサードリンク こんにちは、めるぐるです。 今年度のアメリカのアカデミー賞に、「幸せの絵の具」がエントリーされています。 映画は、3月3日から全国で公開されます。 素敵な映画の予感がしたので調べて …

金沢21世紀美術館 『ヨーガンレール 文明の終わり』展を見て泣いた

スポンサードリンク 2014年に亡くなったヨーガンレールさんの回顧展ともいうべき展覧会が開催されています。 ヨーガンレールさんのこと 会期は、11月5日(日)まで (実は、10月14日(土)金沢市民の …

21世紀美術館で池田学展

スポンサードリンク 子供達を誘ったけれど誰も一緒に来てくれなくて さみしーなと思いつつどうしても見てみたかったので 足取り重く行ってきました。 予備知識なしで行ったので、よくある細密画かな、木口木版? …

部屋の中に簡単にアートを飾るには?ポストカードやポスターなどサイズ別に説明します

スポンサードリンク 4月になり、新しい生活を始める方も多いと思います。 新学期で気分も一新するために、お部屋をイメージチェンジ、グレードアップするための我が家でのアートの飾り方をご紹介します。 目次1 …

select language